LINEで送る

日経産業新聞に取材をされた大南さんに聞いてみた


みなさんこんにちは、こたにです。
先日ありがたいことに、
日経産業新聞にトーコンの取組を取り上げていただくことがありました。

【記事元:残業ゼロでも残業手当 効率勤務に報いる】
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11346050V00C17A1XVA000/

今回この紙面で取材を受けた大南さんに取材の様子や、
制度を活用してどう過ごしているのか聞いてみました。

取材の様子をきいてみた!

―今回、ご自身が取材を受けると聞いて、どう思いましたか?

純粋に嬉しかったです!
ちょうど異動になって3ヶ月、自分でも残業を減らそうと努力をしていた時だったので・・・。
神奈川のチームになり、お客様先が自宅に近いので、直帰を増やしたりしていたんです。
以前はアポから必ず会社に帰って来ていて、
20時~21時過ぎくらいまで仕事をしていることもたびたびでした。
自宅も遠いので帰宅はそこから1時間半。
新婚なのに、帰ってご飯食べて寝るだけの生活でした(笑)


― 取材を受けた感想を教えてください。

まず、私の自己紹介をしたんですね。
アパレルの店長をやっていたのに、未経験の営業に応募した経緯とか。
それから制度に関しての感想などを、20~30分の電話で取材をされました。
実は電話取材だったって当日まで知らなくて、
服とかメイクに気合入れてました(笑)恥ずかしい・・・

―そんなことがあったんですね(笑)
でも、未経験から営業に転職するのに抵抗なかったんですか?

以前が平日休みで、誰とも休みが合わなくて寂しかったので(笑)、土日がしっかり休みなことは
自分の中で1つ、転職するときに大事にしていたんです。
で、「何をやりたいか」って考えていくうちに、
若い時にしっかり人間として成長したくて、未経験でも営業がしてみたいなって思ったんです。
初対面の人と話をするのに抵抗はなかったし、自分の中では自然な転職だったのですが、
周囲には「やめとけ」って反対されましたね~。

それでも面接を受けてみて、
きちんと面談の際に良い所、厳しい所を教えていただいていたので、
自分でも納得感がありました。
結果、転職してよかったって思えることが多いです!

―普段ご自身も取材をされることが多いと思うのですが、気付きのようなものはありましたか?

ほんの一文を書くのに、きちんと私の背景や現状をヒアリングしてくれた事ですかね。
私自身も求人広告を作る際に、いろいろなことを聞くのですが、
やはりしっかりと求人を行う背景の理解することを大切にしています。
全体理解をしてから原稿を作っていく事が、
新聞記事、求人広告問わず、「ヒトに伝える仕事」では大事な共通点なんだと、
実感しました。

制度を取り入れてから変わったこと

―この制度を導入して、一番変わったことってなんですか?

平日にリフレッシュが出来るようになったことですかね。
私の場合、お買い物に行けるようになったのは大きいです!
アポ後の直帰するときなど、好きな洋服屋さんや雑貨屋さんに寄ってます。

後は旦那さんにご飯を作ってあげたり、
家に帰ってゆっくりテレビ見たり、本を読んだり・・・。
まぁ、家事は元々旦那さんがやってくれてたので、全然向こうの方が上手なんですけどね(笑)

―じゃあ最初から「よし、残業減らすぞー!」って思えてた、ということですか(笑)?

うーん・・・最初は30時間を切ることがなかったので
「あんまり変わんないかな~」なんて少し思ってたんですが・・・、そんなことなかったです。
やっぱりああやって時間で区切られると、
「30時間切った方がトクじゃん!」って考えるようになるので(笑)
より意識的に効率化を目指すようになりますね。
意識を変えると、意外と改善できることも多くて。
移動時間にメンバーやアシスタントさんと連絡を取って仕事を進めたりすることが多くなって
結果的により多くの仕事をこなせるようになってきたかなと思います。

あと、全社で見ても、こんなに残業時間が減ってたのは知らなかったので、
きちんと制度を活用できる環境なんだな~って。

―今後、この時間を使って何をしたいですか?

友人やメンバーともご飯に行ったりする機会も増えたので、
実はもう「やりたいこと」っていうのはある程度叶ってるんですよ・・・(笑)
あ、あともう一つありました!
小学校2年生から高校3年生までドラムをやっていたので、
またドラムやりたいです!!

自分の人生目標で「1人の女性の働き方としてのロールモデルになる」
というのがあるので、仕事もプライベートもワクワク過ごせるようにしていけたらいいなと思います!

―お時間頂きまして、ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
こたに

こたに

トーコン記者トーコンヒューマンリソース
新卒で入社後、気が付いたら書き手側。 プライベートは4歳女子と1歳男子、2児の母。 時短で働かせてもらっています。 三度の飯では、肉が好き。

Previous Post

Next Post

コメントをどうぞ!

top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。