社内コミュニケーション_SNS編

みなさん、こんにちは。
insight!編集長の樗木(オテキ)です。

4月ももう終わりですね。
TOKONにも多くの新入社員(新卒・中途含む)を迎えることができました。

277名を超える社員(2017年4月時点)が日々事業活動していると、
どうしても発生するのが「社内コミュニケーション」の問題です。

あの人ってどんなヒト(顔)だっけ?
あの部署ってどんな仕事してるんだっけ?
あのチームは活気があるけど、どんなことしてる?
などなど。

友だち100人できるかな?
なんてことは小学一年生ですが、
実際に友だち(と言える人)が100人超えている人は、
あまりいません。
※独自調べ

それが一気に約277人!
社内の人、部署、チームを把握するだけで、
新入社員は手一杯になってしまいます。

そこでTOKONが導入しているが、
Talknoteという社内SNS。

数年前から導入をしていますが、かなり活用しています。
今回はそれをちょっとご紹介いたします。

社内SNSとは、ようはSNS。
社内という閉ざされたネット上でのコミュニケーションを取るもの。
社員は一人ひとりアカウントを持ち、投稿します。
投稿された記事には、いいね!やコメントをつけることができます。

投稿する場所は、
①全社(おーい、TOKONのみんなー!という場合に使います)
②各部屋(各部署や情報の内容によって細かく部屋を作れます)
以上の2つ。

何か社内で情報共有したい場合には、
①or②を選んで投稿します。

TOKON内での使い方としては、
・達成したよ!
・キャンペーンあるよ!
・ここ、すっごい大事!
など、「これはみんなに知ってほしい!」というものを「全社」へ投稿。

・営業日報
・自己紹介
・各ビル内の注意喚起(このビルではゴミの集積場所変わったよ、など)
・部署横断で動いているプロジェクト情報
・部署をまたがった質問、依頼
などを「各部屋」に投稿しています。

この行きかう情報が結構多いのが、TOKONの特徴。

そこで
丸々一日、どれくらい投稿があるのかを調べてみました。
やり方は簡単。

一日、見るのを我慢して、未読数を調べる。
※ある一日、返信とかしてない日がありました。ごめんなさい。

その結果は




240件!!

実はこの日は投稿が活発でない曜日を選んで調べています
つまり、毎日240件以上の投稿がされてるんですね~。

これだけ投稿されていると、
情報の抜け漏れが心配なところ。

でも、そこも安心なんです。

・全ての投稿を全ての人が見れるわけではない
※各部屋は投稿できる/閲覧できるメンバーを決められます
※私は業務上、各部屋の投稿を見れます
・メンション機能(特定のメンバーへの呼びかけ)
・スマホ対応で外からでもばっちり

そんな工夫がされているので、重要事項の抜け漏れもないんです。
ちゃんとチェックしてくれてばですが…(笑)

それ以外にもTOKONはTalknoteをより良く活用するための工夫をしています。
・アイコンは顔が分かる写真に限定
・入社したときはTalknoteで自己紹介する
・メールはできるだけ社外の方向けで、社内向け情報はtalknoteに集約する
などなど。

この情報交換のスピードが、
TOKONが全国でサービスの質を向上させることが可能となった源泉だと思っています。

これからTOKONへの入社を考えてくださっている皆さん、
「こんな量の情報を消化しきれないよ・・・。」
と不安にならないでくださいね。

正直、はじめは飛び交う情報の渦に「うわー・・・」となりますが、
慣れれば「当たり前」
そして「うわー・・・」となるのは、みんな通った道ですから!(笑)

The following two tabs change content below.
樗木 康佑

樗木 康佑

insight!の編集長。裏の裏の裏まで取材して、TOKONにご興味いただいてる皆さまに新鮮な情報をお届けします!